3分でわかるBittrade(ビットトレード)の登録から口座開設まで | 特徴・入出金・取扱通貨を徹底開設!

仮想通貨の取引所

ビットトレードがおすすめな理由

①国内最大級の取引所だから安心
②TVCMやネット広告を放送
③専用アプリで入出金や取引が可能
④世界トップクラスのセキュリティで安心
⑤モナコインやリスクなどの人気アルトコインの購入が可能
⑥クイック入金搭載で即時入金が可能

 

・Bittrade(ビットトレード)の特徴

ビットトレードは2016年からサービスを開始した国内の仮想通貨取引所です。

金融庁に登録されているので安心して利用することができます。

また、本取引所は、他社の資本金と比べると資本金5100万円と少なめで小規模な取引所ですが、イメージタレントとして小島留璃子さんを起用するなどしてプロモーションを積極的に行なっています。

また、Bitbankと同仕様のトレードシステムになっており、既にBitbank利用者にとっては使いこなしやすい仕様にもなっています。

ビットトレードの大きな特徴3つ
  1. 金融庁に登録済の国内の取引所
  2. イメージタレントに小島留璃子さんを起用
  3. bitbankと同仕様なので使いやすい

ビットフライヤーの口座開設自体もとても簡単で、複雑なやりとりなしにメールアドレスのみで完了。もちろん無料で登録できます。様々な面からみても安定感のある取引所ですので、初めて仮想通貨をするという方でも安心して取引を開始できます。

ただ、登録しただけの状態では仮想通貨の預入や日本円の入出金しか行なえないなど、単純なウォレットの機能しか使えないため、肝心な仮想通貨の売買が行なえません。ですので、取引を始めるためにも携帯番号のSNS認証、本人確認書類の提出を済ませておけば、仮想通貨の売買を開始できる準備をしておきましょう。

 

 

ビットトレードの取扱通貨コイン(銘柄)一覧

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「取扱通貨が多い」です。

ビットトレードで買える(購入できる)通貨の種類は以下の通りです。

通貨名称(記号)
取扱通貨一覧・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)

・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
その他の通貨を調べる

上記の一覧に関して、新規の通貨上場やハードフォーク通貨などがある場合もありますので、最新の取扱通貨に関しては公式サイトでご確認ください。

 

・Bittrade(ビットトレード)の各種手数料

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「やや安い」です。

ただし、これは取引所と販売所がそれぞれ存在するためなので取引所で買えば実質安く購入することができます。では、ビットトレードの手数料を1つずつみていきましょう。

口座開設/維持費用

口座開設無料
維持費用無料

売買取引手数料

BTC売買手数料0.2%
アルトコイン売買手数料0.25〜0.3%

入金手数料

入金手数料無料

※入金には各金融機関の所定の振込手数料がかかります。

出金手数料

出金手数料金額一律
全ての銀行648円(税込)

口座開設から実際の取引開始までの流れや手順

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「簡単」です。

ビットトレードを利用するためには登録が必要になります。

ただし、無料登録から口座開設、取引開始までが非常にスムーズなので最短で即日に完了します。

では、実際に口座開設から取引開始できるまでにどのような手順が必要になるのか、細かくみていきましょう。

▼手元に準備しておくとよいもの

・メールアドレス

・本人確認書類

有効な本人確認種類

・運転免許証(裏面も含む)

・パスポート(日本国が発行する旅券)
※顔写真面と所持人記入欄(住所記載ページ)の 2 ページをご提出ください。

・個人番号カード
※表面のみご提出ください。裏面は不要です。

・住民基本台帳カード(顔写真あり)
※裏面も必ずご提出ください。

・各種健康保険証

※(顔写真のないカード)マイナンバー通知カード等は本人確認資料として受け付けておりません。

ビットトレードの口座開設までの登録手順

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「簡単」です。

ビットトレードの口座開設までの登録手順を画像付で紹介します。

ビットトレードの公式サイトをクリックして下記順に進めていきます。

画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤
画像⑥
画像⑦
画像⑧
画像⑨
画像⑩

 

 

③ハガキ到着

 

・Bittrade(ビットトレード)の入金/出金方法や反映時間など

ビットトレードの入金出金はパソコンやアプリからでもいつでも申請することができます。

入金方法

主な入金方法は3種類です。

入金方法・銀行振込

銀行振込の場合は、住信SBIネット銀行にも対応しています。そのため、同行間の入金は振込手数料が無料になるのでお得です。

ただし、銀行振込の場合は金融機関によっては反映時間や注意点などもあるので事前に確認しておきましょう。

入金反映時間

主な入金反映時間は以下の通りです。

日本円の入金反映時間
各銀行へ入金の場合、営業時間内に順次作業が行なわれます。
住信SBIネット銀行へ入金の場合、土日も含めてリアルタイムに入金が行なわれます。

ここに注意!
入金は氏名やIDで確認する自動処理システムが行なわれるため、必ずIDを入れて入金するようにしましょう。IDなしで入金の場合は、通常1営業日がかかるので注意が必要です。

 

 

ただし、銀行振込の場合は金融機関によっては反映時間や注意点などもあるので事前に確認しておきましょう。

日本円の入金反映時間
三井住友銀行へ入金の場合、金融機関の営業時間内に順次作業が行なわれます。
住信SBIネット銀行へ入金の場合、土日も含めてリアルタイムに入金が行なわれます。

ここに注意!
入金は氏名やIDで確認する自動処理システムが行なわれるため、必ずIDを入れて振込手続き(入金)するようにしましょう。IDなしで入金の場合は、専用の問い合わせフォームから申請する必要があり、通常よりも反映に時間がかかるので注意が必要です。

クイック入金について

ビットフライヤーではクイック入金が可能です。

クレジットカードによる入金決済について

国内発行のVISA、MASTERカードに対応。ただし、クレジットカードで購入したビットコインは、購入後1週間は売却や送付などができないので注意が必要になります。

出金方法と出金反映時間

出金申請はパソコンやスマホからいつでも行なうことができます。

ただし、出金先口座を登録してないと出金申請ができないため事前に振込先口座を登録しておきましょう。

日本円の出金反映時間
当日11:30までの申請であれば当日中に順次入金作業が行なわれます。
当日11:30以降の申請の場合は翌営業日から順次入金作業が行なわれます。

・Bittrade(ビットトレード)の仮想通貨の買い方/購入方法

ビットトレードでの仮想通貨の買い方(購入方法)は非常に簡単でパソコンやアプリからでもいつでもできます。

簡単にまとめると、

①指定口座に入金する

②入金の反映を待つ

③希望銘柄を購入する

この3ステップだけで簡単に行なえますが、具体的に画像を含めてみていきましょう。

・BitFlyer(ビットフライヤー)の取引アプリについて

ビットトレードには専用の取引アプリがありません。

もしどうしても専用取引アプリを使いたい場合はビットフライヤーザイフを使うことをおすすめします。

・Bittrade(ビットトレード)のセキュリティについて

ビットトレードには、仮想通貨、顧客資産を保護するために、大きく分けて主に以下のような3つのセキュリティ対策が実装されています。

ビットトレードの主なセキュリティ対策
  • 2段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチシグネチャウォレット

ビットトレードのセキュリティ対策は、オンライン上のホットウォレットではなくマルチシグ対応のコールドウォレットで管理している点をみても対策は万全といえるでしょう。ハッキングや流出などのリスクヘッジができています。

ビットトレードの評価/口コミ/利用者の体験談など

名前
テスト
名前
テスト
口座開設の決め手ベスト3!

【1位】
【2位】
【3位】

※口コミの選定方法について
上記口コミはクラウドソーシング等によってランダムに収集し、その中から当サイトが独自に選定しています。

Bittrade(ビットトレード)の運営会社情報

会社名ビットトレード株式会社
財務登録番号仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00007号)
設立日2016年9月
資本金5100万円
代表取締役閏間 亮
本社所在地〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
電話番号電話サポート対応されていません。
問い合わせ先https://bit-trade-one.co.jp/contactus/