3分でわかる仮想通貨ディープブレインチェーン【DBC/DeepBrainChain】の特徴とは?将来性・チャート・取引所・価格・買い方を徹底解説!

仮想通貨の種類

仮想通貨ディープブレインチェーンの特徴から価格、将来性やリアルタイムチャートまでディープブレインチェーンに関する情報を分かりやすく説明していきます。

仮想通貨のディープブレインチェーンは2017年12月に一般公開した仮想通貨です。最大の特徴はその名の通り、人工知能と仮想通貨の融合を目指しているということです。開発チームも中国でもトップクラスのAI開発チームが運営を行っています。

では、もしこれからディープブレインチェーンを購入するとなるとどのような特徴があって、現在価格はいくらなのか、どこで買えるのか気になるところですよね。

「ディープブレインチェーンはどんな仮想通貨なの?」

「ディープブレインチェーンは値上がりする?購入する前に将来性や今後について知りたい」

「ディープブレインチェーンはいくらで買える?現在価格やリアルタイムチャートを見たい」

「そもそもディープブレインチェーンって何?」

という方向けにディープブレインチェーンの特徴や価格、チャートなどを中心に紹介していきたいと思います。仮想通貨ディープブレインチェーンの購入で失敗したくないという方は是非参考にしてみてくださいね。

仮想通貨ディープブレインチェーン(DBC)とは

仮想通貨ディープブレインチェーンは2017年12月に一般公開した仮想通貨で、通貨の略式記号は「DBC」になります。

ディープブレインチェーンの大きな特徴は3つ
  1. 仮想通貨の技術を使うことでAI開発のコスト削減に貢献
  2. 大手IT企業とのAI開発の提携が進む
  3. AIプラットフォームを将来的には目指す

仮想通貨ディープブレインチェーン(DBC)の特徴や魅力

ディープブレインチェーンの特徴は何と言っても、AIと仮想通貨の技術を使った、新たな取り組みであるという点です。

中国ではAIの研究が盛んに進んでいたり、現在でもAppleのSiriやAmazonのAlexaなど導入が徐々に進んでおり、我々の生活でも身近になってきました。

それでは、ディープブレインチェーンがどのような特徴を持った仮想通貨なのか詳しく見ていきましょう。

人工知能の開発を仮想通貨の技術を使うことでより低コストに

人工知能の開発には従来莫大な資金がかかるというのが現状です。いわゆる、スーパーコンピューターを使った計算や、情報の処理、データの収集、サーバーの確保など大手企業などしか開発に参入する余裕がありません。その大手企業でもAI開発のコストが莫大にかかるためなんとかコスト削減の方法を探っています。

そこで、ディープブレインチェーンはAI技術の発展のために仮想通貨の技術と融合することで新しい変革を起こせないかという取り組みなのです。

通常のAIでは計算処理を自社のコンピューターにて行っていますが、その計算をマイナー(仮想通貨の作成協力者)が行うという仕組みになっています。

マイナーは、AIの計算処理を手伝うと、その報酬としてディープブレインチェーンを受け取ることができ、仮想通貨として利用することができます。簡単にいうと、計算処理のお仕事の報酬をディープブレインチェーンで受け取っているのです。

もし、この分散計算の(自社のスーパーコンピューターだけに頼らない)仕組みの導入が進んでいけば、AI開発のコストが大幅に削減されていくことが期待されているのです。

大手IT企業とのAI開発における提携が進む

デジープブレインチェーンが注目されたきっかけとして、大手IT企業との提携が進んでいるという点があります。

例えば、マイクロソフトとの提携は非常に大きな一歩となるでしょう。

マイクロソフトのAIといえば、Azureが有名ですが、そもそもAIの開発が進むとどんなメリットが我々にはあるのでしょうか。

AIですぐに思い浮かぶのは、音声認識の技術ではないでしょうか。スマホに向かって話しかけると様々な質問に答えてくれますね。「今日の天気は何か?」「渋谷近辺で人気のラーメン屋さんはどこか。」まるで、自分専門のコンシェルジュがいるような感覚です。

他にも、手が不自由な方が何か文章を書きたい、手紙を書きたいという時にも、音声認識の技術を使えばその人の手として活躍してくれることがあるでしょう。AI技術の発達によって、人々の生活がより快適になる可能性がたくさんあるのです。

そのため、多くの企業でAIの開発や導入が進んでおり、今後も大注目の業界となっていくことは間違いありません。

ディープブレインを使ったAI技術のプラットフォームを目指す

AI技術も現在のMac OSやAndroidなどのように幾つかのオペレーティングシステムが存在します。

ディープブレインの技術をもとに今後も様々な技術やシステム、アプリ等が開発されていくことでしょう。

そんな時に、Apple Storeと同様に企業や個人間でのAI技術の売買ができるプラットフォームがあると大変便利です。

もちろん、企業としても販売手数料が収入として入ってくるので、今後のAI技術の発展にもつながっていきます。

ディープブレインチェーン(DBC)の現在価格と時価総額ランク

ディープブレインチェーンの現在価格と時価総額ランクは以下になります。

ディープブレインチェーン(DBC)のリアルタイムチャートや値動きや相場、価格推移など

ディープブレインチェーンのチャートは以下になります。

現在の価格チャートはCoingekkoなどのサイトでご確認ください。

ディープブレインチェーン(DBC)が高騰(急騰)するための情報や値上がり予想

値上がり注目ポイントはここ!

AI技術と仮想通貨の融合が進んでいき、開発コスト削減が進めば多くの企業が導入する可能性があり、値上がりの可能性も高い。

ディープブレインチェーンが今後値上がりするために期待したいのは、今後AI技術の導入や開発が進んでいくことです。そのためには、AI開発のコストを削減するというのは大きな一歩になり、ディープブレインチェーンの活用用途が広がれば価格も上昇していくでしょう。

ディープブレインチェーン(DBC)の公式情報

ディープブレインチェーンのニュースや情報を知りたい時は公式サイトをチェックしておくと便利です。

【公式】DeepBrain Chain公式サイト
公式Twitter

ディープブレインチェーン(DBC)の買い方や手順

では、ディープブレインチェーンを購入するにはどの方法が1番良いのでしょうか。

それは「取引所で購入すること」です。

国内取引所では「bitbank(ビットバンク)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」の3つの取引所で購入することができます。

今回は、その中でも1番おすすめの国内の取引所「ビットフライヤー」を利用して説明していきます。

ビットフライヤーのおすすめ理由

◆国内最大手の取引所だから安心
◆メールアドレスだけで簡単に無料登録できる

◆口座開設から取引開始までが速い
◆世界トップクラスのセキュリティ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒ビットフライヤーに無料登録する

次にその買い方や手順、ディープブレインチェーンの取扱いのある取引所を紹介します。

買い方(購入方法)や手順

の買い方には主に4つの手順がありますが、いずれもその日のうちに購入することができます。

通貨購入までの4つの手順

①ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーなら口座開設から取引開始まで即日完了できます。

⇒ビットフライヤーの特徴や登録方法、入出金手数料はこちらから

②BTCあるいはETHを購入する

海外の取引所では、日本円でディープブレインチェーンを購入する事ができません。そのためBTCあるいはETHを事前に購入しておく必要があります。

③海外の取引所へ送金する

購入完了後、海外の取引所へ送金手続きを行ないます。
※送金の反映には時間がかかる場合がありますが、BTCで2〜3時間以内、ETHで30分〜1時間以内で着金を確認できると思います。

④海外の取引所で購入する

着金を確認後、ディープブレインチェーン(DBC)を指定して購入します。

ディープブレインチェーン(DBC)が購入できる主要取引所

仮想通貨ディープブレインチェーンが買える主な海外取引所が以下になります。

主な取扱取引所と国名

 

主な海外取引所名国名
KuCoin中国
Huobi中国
Gate.io香港

主な取扱取引所の比較

取引所名知名度使いやすさ取扱通貨
KuCoin
Huobi
Gate.io

このように比較してみると分かりやすいですが、海外取引所を選ぶなら「KuCoin」がおすすめです。KuCoinからディープブレインチェーンを購入するためにも、まずは国内の取引所を開設して口座を用意しておきましょう。

国内取引所を選ぶなら「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。bitFlyer(ビットフライヤー)からディープブレインチェーンを購入するためにも、口座を開設しておきましょう。

以下、国内の主な取引所一覧です。

主な国内の取引所名
BitFlyer(ビットフライヤー)
※おすすめ取引所No.1
Zaif(ザイフ)
bitbank(ビットバンク)

ビットフライヤーであればメールアドレスだけで簡単に登録できてすぐに始められるのでおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒各取引所ランキングを見てみる

ディープブレインチェーン(DBC)の保管や運用におすすめなウォレット

ディープブレインチェーンを購入したけど、最適なウォレットが見つからない…そんな方向けにピッタリのウォレットを紹介していきたいと思います。

取引所にそのまま保管するのも良いですが、やはりハッキングや流出など安全性が問題視されており、購入後はウォレット管理するのがおすすめです。

⇒仮想通貨のウォレットとは

専用ウォレットについて

ディープブレインチェーンには専門のウォレットがありません。そのため、ディープブレインを保有するためのウォレットを自分で探す必要があります。

おすすめの対応ウォレット

ウォレットを選ぶ時には購入した仮想通貨をどのような形で保管運用していきたいかによって大きく異なります。

⇒仮想通貨ウォレットの種類や仕組みについて

もちろん専用のデスクトップウォレットを利用することも良いですが、1番安全でおすすめなのは、ネットで保管しないタイプのハードウェアウォレット「Ledger Nano S (レジャー ナノS)」です。ネットに接続なしで管理できるので便利です。

⇒公式サイトを見てみる

いずれもディープブレインチェーンを購入予定なのであればオンライン上での管理を控えるなどして、しっかりとしたリスクヘッジをしておきましょう。

CryptoxCryptoの特集ページ