3分でわかる仮想通貨イーサリアムクラシック【ETC/Ethereum Classic】の特徴とは?将来性・チャート・取引所・価格・買い方を徹底解説!

仮想通貨の種類

仮想通貨イーサリアムクラシックの特徴から価格、将来性やリアルタイムチャートまでイーサリアムクラシックに関する情報を分かりやすく説明していきます。

仮想通貨のイーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂して開発が行われている仮想通貨です。そのため、イーサリアムと機能としてはほぼ同じと考えて良いです。もちろん、細かな違いや分裂した経緯があります。

では、もしこれからイーサリアムクラシックを購入するとなるとどのような特徴があって、現在価格はいくらなのか、どこで買えるのか気になるところですよね。

「イーサリアムクラシックはどんな仮想通貨なの?」

「イーサリアムクラシックは値上がりする?購入する前に将来性や今後について知りたい」

「イーサリアムクラシックはいくらで買える?現在価格やリアルタイムチャートを見たい」

「そもそもイーサリアムクラシックって何?」

という方向けにイーサリアムクラシックの特徴や価格、チャートなどを中心に紹介していきたいと思います。仮想通貨イーサリアムクラシックの購入で失敗したくないという方は是非参考にしてみてくださいね。

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)とは

仮想通貨イーサリアムクラシックは2016年6月に誕生した仮想通貨で、通貨の略式記号は「ETC」になります。誕生した経緯としては、2016年6月に起きたTHE DAO事件というハッキングがきっかけとなっています。

イーサリアムクラシックの大きな特徴は3つ
  1. 2016年のTHE DAO事件をきっかけにイーサリアムクラシックに
  2. 独自のコミュニティーが活発で柴犬のPVなども作られるほど
  3. 価格変動が少なく、少額決済向きの仮想通貨

イーサリアムクラシックの特徴や魅力

イーサリアムクラシックの特徴は何と言っても、もともとはイーサリアムだったということです。THE DAO事件をきっかけにイーサリアムクラシックとして分裂しましたが、機能としてはイーサリアムの特徴とほぼ同じで、スマートコントラクト(契約の自動化)という手法を取っていることです。

そのため、イーサリアムとの違いを出すために今後の展開が期待されていますが、ロードマップが発表されており今後はブロックチェーン技術を活かして、仮想通貨以外の分野へも進出していくことや、もっと多くの人が開発に参加できるようにサードパーテイーとの互換性向上や開発キットの配布などを積極的に行っていく姿勢を発表しています。

イーサリアムと同様にスマートコントラクトが最大の特徴

イーサリアムクラシックを語る上で欠かせないのは2016年6月に起きたTHE DAO事件です。安全面でまだ未完成な部分があり、発行していた約150億分の1/3の約50億円分がハッキングされ盗まれてしまったのです。

このことにより、セキュリティーをもっと高める必要が出てきたため開発者チームはプログラムの書き換えを実施していきました。

ただ、イーサリアムのもともとの理念の中央集権的なシステムにしないという考えに相反することになってしまいました。

そこで、もともとの理念に共感していたユーザーや一部の開発車を中心にイーサリアムクラシックとして運用をしていくことになったのです。

仮想通貨としての成り立ちとしても、このように中央集権的な政府のような絶対的管理機関が統率をするのではなく、オープンな形でユーザーや参加者が作り上げていくという方針があるからこそこうして新しい通貨が発行されるという流れがあります。

イーサリアムと同様にスマートコントラクトが最大の特徴

イーサリアムクラシックが注目されたきっかけとしては、イーサリアムとの分裂騒動もありますが、もともとの機能や特徴としてはスマートコントラクトという方法を取り入れたことです。

スマートコントラクトとは、「契約の自動化」と呼ばれており、その名の通り契約が自動で行われるというものです。

通常の取引においては、紙面で契約を交わしたり、本当に支払い能力があるのかクレジットの審査が行われたり、本人確認があったりと多岐に渡っています。そこをもっと効率的に自動で早くできるようにするために考えらえたのがこのスマートコントラクトです。

なぜ、このように契約をスピーディーに行えるかというと、仮想通貨のブロックには過去の取引情報がすべて記録されているため、過去の取引をたどることができます。また、不正や虚偽の操作についても、過去の取引情報からたどることができるので、安全面が非常に高いとされています。

例えば、海外と取引した時に自分の口座にお金が振り込まれるまで待つ必要もないですし、入金がないからといって国際電話で相手に督促する必要もないのです。すでにインターネット上で取引が完結しているので、業務の効率化が見込まれます。

スマートコントラクトとして、記録される情報は例えばこのような情報です。

・支払い元

・支払い先

・金額

・商品内容

・売買日時

・取引数

これらの情報が売買と同時に契約として自動処理されますので、請求書を発行したり、入金確認をしたりなどの処理も省いていくことができます。海外の通販や商品を買う時など、本当に届くのか、実在する会社なのかなど不安に思うことも多々ありますが、スマートコントラクトを使えば、契約は証明されますので安全面でも活躍が期待されています。

IoT分野への進出を今後は狙っていく

イーサリアムクラシックの今後の展開としてIoT分野への進出が目標とされています。

IoTとは、Internet of Thingsの略で、簡単に言うとモノがインターネットに接続されるということです。

例えば、家電がインターネットに接続されて、スマートフォンで遠隔操作ができるようになったりします。

夏の暑い日に、帰宅の電車の中でクーラーをつけておいたり、帰ったらすぐにお風呂に入れるようにお風呂を沸かすことができたりします。

仮想通貨の技術を使っていくと、取引記録と同様に過去の使用情報等が記録できていきます。これにより、例えば企業はマーケティングの情報として人々がどのような使い方をしているのか、どんな時間帯や曜日に家電の使用頻度が高いのかなどを知ることができます。

また、同じ作業や繰り返しの作業については、自動で家電が動くように設定していくことも可能になります。

イーサリアムクラシック(ETC)の現在価格と時価総額ランク

イーサリアムクラシックの現在価格と時価総額ランクは以下になります。

イーサリアムクラシック(ETC)のリアルタイムチャートや値動きや相場、価格推移など

現在のイーサリアムクラシックのチャートは以下になります。

イーサリアムクラシック(ETC)が高騰(急騰)するための情報や値上がり予想

値上がり注目ポイントはここ!

イーサリアムとの差別化を行っていくのと同時に、仮想通貨以外の分野でブロックチェーン技術の活用方法を見出した時に値上がりする可能性あり

イーサリアムクラシックが今後値上がりするために期待したいのは、仮想通貨分野以外への進出です。例えば、IoT分野への進出を表明しておりますが、ブロックチェーン技術やスマートコントラクトの技術を他分野へ応用することで企業の業務効率化に役立ったり、マーケティング情報として活用できる見込みがあります。

イーサリアムクラシック(ETC)の公式情報

イーサリアムクラシックのニュースや情報を知りたい時は公式サイトをチェックしておくと便利です。

【公式】Ethereum Classic公式サイト
公式Twitter

イーサリアムクラシック(ETC)の買い方や手順

では、イーサリアムクラシックを購入するにはどの方法が1番良いのでしょうか。

それは「取引所で購入すること」です。

国内取引所では「bitbank(ビットバンク)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」の3つの取引所で購入することができます。

今回は、その中でも1番おすすめの国内の取引所「ビットフライヤー」を利用して説明していきます。

ビットフライヤーのおすすめ理由

◆国内最大手の取引所だから安心
◆メールアドレスだけで簡単に無料登録できる

◆口座開設から取引開始までが速い
◆世界トップクラスのセキュリティ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒ビットフライヤーに無料登録する

次にその買い方や手順、イーサリアムクラシックの取扱いのある取引所を紹介します。

買い方(購入方法)や手順

の買い方には主に4つの手順がありますが、いずれもその日のうちに購入することができます。

通貨購入までの4つの手順

①ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーなら口座開設から取引開始まで即日完了できます。

⇒ビットフライヤーの特徴や登録方法、入出金手数料はこちらから

②BTCあるいはETHを購入する

海外の取引所では、日本円でイーサリアムクラシックを購入する事ができません。そのためBTCあるいはETHを事前に購入しておく必要があります。

③海外の取引所へ送金する

購入完了後、海外の取引所へ送金手続きを行ないます。
※送金の反映には時間がかかる場合がありますが、BTCで2〜3時間以内、ETHで30分〜1時間以内で着金を確認できると思います。

④海外の取引所で購入する

着金を確認後、イーサリアムクラシック(ETC)を指定して購入します。

イーサリアムクラシック(ETC)が購入できる主要取引所

仮想通貨イーサリアムクラシックが買える主な取引所が以下になります。

主な取扱取引所と国名

 

主な海外取引所名国名
Poloniexアメリカ
BITTREXアメリカ
Binance中国

主な取扱取引所の比較

取引所名知名度使いやすさ取扱通貨
Poloniex
BITTREX
Binance

このように比較してみると分かりやすいですが、海外取引所を選ぶなら「Poloniex」がおすすめです。Poloniexからイーサリアムクラシックを購入するためにも、まずは国内の取引所を開設して口座を用意しておきましょう。

国内取引所を選ぶなら「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。bitFlyer(ビットフライヤー)からイーサリアムクラシックを購入するためにも、口座を開設しておきましょう。

以下、主要な国内取引所一覧です。

主な国内の取引所名
BitFlyer(ビットフライヤー)
※おすすめ取引所No.1
Zaif(ザイフ)
bitbank(ビットバンク)

ビットフライヤーであればメールアドレスだけで簡単に登録できてすぐに始められるのでおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒各取引所ランキングを見てみる

イーサリアムクラシック(ETC)の保管や運用におすすめなウォレット

イーサリアムクラシックを購入したけど、最適なウォレットが見つからない…そんな方向けにピッタリのウォレットを紹介していきたいと思います。

取引所にそのまま保管するのも良いですが、やはりハッキングや流出など安全性が問題視されており、購入後はウォレット管理するのがおすすめです。

⇒仮想通貨のウォレットとは

専用ウォレットについて

イーサリアムクラシックには専門のウォレットがあります。

おすすめの対応ウォレット

ウォレットを選ぶ時には購入した仮想通貨をどのような形で保管運用していきたいかによって大きく異なります。

⇒仮想通貨ウォレットの種類や仕組みについて

もちろん専用のデスクトップウォレットを利用することも良いですが、1番安全でおすすめなのは、ネットで保管しないタイプのハードウェアウォレット「Ledger Nano S (レジャー ナノS)」です。ネットに接続なしで管理できるので便利です。

⇒公式サイトを見てみる

いずれもイーサリアムクラシックを購入予定なのであればオンライン上での管理を控えるなどして、しっかりとしたリスクヘッジをしておきましょう。

CryptoxCryptoの特集ページ