Metamask(メタマスク)は、仮想世界の鍵。登録手続きから入金、出金まで、全てを解き明かす。

ガイド

MetaMask(メタマスク)を使いたいけれど、登録方法がよくわからないとお困りですか。

MetaMaskの登録手続きは非常に簡単で、たった5分で完了します。

また、「MetaMaskの使い方が分からない」とお悩みの方もいるでしょう。

MetaMaskは、仮想通貨の保管だけでなく、ブロックチェーンゲームやDEX(分散型取引所)を利用する際にも必須のため、正しい使い方を把握しておくことが重要です。

この記事では、MetaMaskの登録から入金までの手順を画像付きで紹介しています。

  1. MetaMask(メタマスク)とは?
  2. MetaMask(メタマスク)の登録方法・始め方
    1. 登録方法1:ChromeウェブストアからMetaMaskを取得
    2. 登録方法2:MetaMaskを開き新しいウォレットを作成
    3. 登録方法3:バックアップ用のリカバリーフレーズを保存
  3. MetaMask(メタマスク)の入金手順
    1. 入金手順1:MetaMask(メタマスク)のウォレットアドレスを取得
    2. 入金手順2:送金元でウォレットアドレスをペースト
  4. MetaMask(メタマスク)の出金・送金手順
    1. 出金手順1:MetaMask(メタマスク)で「送金」をクリック
    2. 出金手順2:送金する仮想通貨の数量を指定
  5. MetaMask(メタマスク)のスマートフォンアプリの利用方法
    1. MetaMask(メタマスク)はスマートフォンアプリでも利用可能です
    2. MetaMask(メタマスク)スマートフォンアプリへのログイン方法
      1. PC版MetaMaskから秘密鍵を取得します
    3. そうすると、MetaMaskの秘密鍵が表示されます。これをコピーします
    4. MetaMask(メタマスク)スマートフォンアプリでの入出金方法
  6. MetaMask(メタマスク)のカスタムネットワークの追加方法
    1. MetaMask(メタマスク)にBNBチェーンを追加する方法
    2. MetaMask(メタマスク)にポリゴン(MATIC)チェーンを追加する方法
    3. MetaMask(メタマスク)にアバランチ(AVAX)チェーンを追加する方法
    4. MetaMask(メタマスク)にハーモニー(ONE)チェーンを追加する方法
  7. MetaMask(メタマスク)で仮想通貨をインポートする方法
    1. MetaMask(メタマスク)で検索しても出ないカスタムトークンの追加方法
  8. MetaMask(メタマスク)のアカウントの復元方法
  9. MetaMask(メタマスク)で別のウォレット情報を転送する方法
    1. これでウォレット情報の転送が完了します
  10. MetaMask(メタマスク)のセキュリティを評価
  11. MetaMask(メタマスク)の3つの利点
    1. 利点1: 利便性の高さ
    2. 利点2: クロスプラットフォーム対応
    3. 利点3: 複数のアカウントの簡単作成
  12. MetaMask(メタマスク)の欠点
    1. 欠点1: 操作に慣れるまでのハードルが高い
    2. 欠点2: ホットウォレットのセキュリティリスク
    3. 欠点3: 対応デバイスが限られている
  13. MetaMask(メタマスク)のその他の機能
    1. 新しいアカウントを作成する
    2. アカウント名を変更する
  14. MetaMask(メタマスク)を接続してできること
    1. DEX(分散型取引所)で仮想通貨を取引する
    2. GemeFiで遊んで収益を得る
    3. NFTの購入
  15. MetaMask(メタマスク)のよくある質問
    1. Q1 Metamask(メタマスク)の秘密鍵とは何ですか
    2. Q2 ビットコイン(BTC)はMetaMaskに入金できますか
    3. Q3 MetaMask(メタマスク)をスマートフォンのGoogle Chromeで接続できますか
    4. Q4 MetaMask(メタマスク)への入金が反映されません
    5. Q5 MetaMask(メタマスク)へのクレジットカード入金は可能ですか
  16. MetaMask(メタマスク)の使用方法まとめ

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskは、仮想通貨の財布(ウォレット)です。

MetaMaskは、Google Chromeの拡張機能としてブラウザに追加するWeb型のウォレットです。

このウォレットは、ブロックチェーン技術を活用したゲームやDeFi(分散型金融)アプリに触れる際に使用されます。

MetaMaskには、イーサリアム(ETH)やERC20トークン、さらにNFTの保管が可能です。

また、アカウントを作成した後、他のブロックチェーン情報を追加設定することで、Polygon(MATIC)チェーンやBNBチェーンの仮想通貨を入金したり、これらのチェーンで開発されたアプリを楽しむこともできます。

MetaMaskの最大の特徴は、分散型の管理を行っていることです。

分散型とは、中央管理者が存在しないということです。

中央管理者によるリスクを回避するために、MetaMaskなどの分散型の仕組みが利用されます。

MetaMask(メタマスク)の登録方法・始め方

登録方法1:ChromeウェブストアからMetaMaskを取得

MetaMaskはGoogle Chromeの拡張機能を通じて利用されます。

あなたのパソコンから、「Chromeウェブストア」にアクセスし、「MetaMask」を検索してください。

そして、インストールボタンをクリックしてください。「拡張機能を追加する」を選択しましょう。

登録方法2:MetaMaskを開き新しいウォレットを作成

MetaMaskをインストールしたら、PC画面の右上にある拡張機能バーの中から狐のマークをクリックします。

新しいタブが開いたら、「GET STARTED」をクリックします。

「CREATE A WALLET」をクリックし、利用規約に同意します。

次に、ウォレットのパスワードを設定し、作成ボタンをクリックします。

登録方法3:バックアップ用のリカバリーフレーズを保存

最後に、「シークレットリカバリーフレーズ」を取得・保存します。

このフレーズは、MetaMaskを復元する際に使用します。

しっかりと保管しておきましょう。

以上の手順を完了したら、ウォレットの作成は完了です。

MetaMask(メタマスク)の入金手順

入金手順1:MetaMask(メタマスク)のウォレットアドレスを取得

ウォレットアドレスは、仮想通貨を保管するための住所のようなものです。

送金元でこのウォレットアドレスを指定して資産を転送します。

まず、MetaMaskのウォレットアドレスを取得します。

画面上部に表示されている「0x」から始まる文字列がMetaMaskのアドレスです。右側にあるボタンをクリックしてアドレスをコピーします。

入金手順2:送金元でウォレットアドレスをペースト

送金元の仮想通貨取引所などに移動し、先ほど取得したMetaMaskのウォレットアドレスをペーストします。

その後、送金する仮想通貨の数量を入力して、入金申請を完了します。

一般的に、入金申請からMetaMaskへの着金までには20分から1時間かかります。したがって、即座に入金が確認されなくても安心してください。

まだ仮想通貨をお持ちでない場合は、国内の取引所でイーサリアム(ETH)を入手してください。

初めての国内取引所としてはbitFlyerがお勧めです。高いセキュリティと使いやすい売買画面が評価されています。

仮想通貨がMetaMaskに入金されると、自動的に残高が増えます。特別な手続きは必要ありません。

MetaMask(メタマスク)の出金・送金手順

出金手順1:MetaMask(メタマスク)で「送金」をクリック

次に、MetaMaskから仮想通貨を出金して外部に送金する方法を説明します。

MetaMaskを開いたら、画面の中央にある「送金」をクリックします。

「送金」をクリックした後は、送金先のウォレットアドレスを指定します。送金先のウォレットアドレスをペーストします。

出金手順2:送金する仮想通貨の数量を指定

送金先を指定したら、送金画面に移動します。

アセット: 送金する仮想通貨を選択します。

金額: 送金する仮想通貨の数量を指定します。送金額の下には米ドルに換算した概算額も表示されますので、参考にしてください。

なお、仮想通貨を送金する際には、ブロックチェーン利用手数料(ガス代)がかかります。

そのため、MetaMaskから仮想通貨を全額送金しようとすると、ガス代が不足して送金申請が通りません。

ガス代は各ブロックチェーンの基軸通貨で支払います。

MetaMaskのデフォルトのブロックチェーンはイーサリアムメインネットですので、ガス代はイーサリアム(ETH)で支払われます。

ガス代はブロックチェーンの需要に応じて価格が変動します。2022年時点でのイーサリアム(ETH)のガス代は1,000円から3,000円程度です。

送金時には、数千円分のガス代を別途確保してください。

手続きが完了したら、「次へ」をクリックして送金手続きを完了させます。

ガス代が不足している場合は、画面が切り替わり、送金処理が受理されない旨が通知されます。

MetaMask(メタマスク)のスマートフォンアプリの利用方法

MetaMask(メタマスク)はスマートフォンアプリでも利用可能です

MetaMaskはスマホアプリも提供されており、外出先でもPCを開けなくても、仮想通貨の入出金を行うことができる。

MetaMaskのアプリは、IOS版Android版の両方で提供されている。

ただし、スマホアプリ版のMetaMaskには制限がある。

そのため、スマートフォンアプリ版MetaMaskでは、主に入金や送金、ウォレット残高の確認などの機能が利用可能です。

MetaMask(メタマスク)スマートフォンアプリへのログイン方法

PC版MetaMaskから秘密鍵を取得します

まず、PC版MetaMaskの右上のメニューから「アカウントの詳細」を選択します。

アカウントの詳細が表示されたら、「秘密鍵のエクスポート」を選択します。

そうすると、MetaMaskの秘密鍵が表示されます。これをコピーします

秘密鍵は慎重に扱ってください。秘密鍵が漏洩すると、MetaMask内の資産が盗まれる可能性があります。

次に、スマートフォンアプリのMetaMaskで、先ほど取得した秘密鍵をペーストします。

MetaMask(メタマスク)スマートフォンアプリでの入出金方法

入金を確認するには、MetaMaskアプリのトップページから「受領」をタップします。

そうすると、入金用のQRコードとウォレットアドレスが表示されます。送金元でQRコードをスキャンするか、ウォレットアドレスをペーストして入金を完了させます。

また、仮想通貨を送金・出金するには、MetaMaskアプリのトップページから「送金」をタップします。

その後、送金先のウォレットアドレスをペーストするか、QRコードをスキャンしてください。

入出金の手順はPC版と同様です。

MetaMask(メタマスク)のカスタムネットワークの追加方法

MetaMaskでは、イーサリアムメインネット以外にも互換性のあるブロックチェーンを追加することができます。

ネットワークを追加すると、イーサリアム(ETH)のプログラムで発行されていない仮想通貨やNFTを保有することができます。

以下は、新しいネットワークをMetaMaskに追加する方法です。

画面右上のメニューボタンをクリックし、「ネットワークの追加」を選択します。

すると、新しいネットワークを追加する画面が表示されます。

追加したいネットワークを選択し、必要事項を入力して「保存」をクリックします。

なお、各ネットワークのブロックチェーン利用手数料(ガス代)はそのネットワークの基軸通貨で支払います。

イーサリアムメインネット以外のガス代をイーサリアム(ETH)で支払うことはできません。

新しいネットワークを追加したら、ガス代用の基軸通貨をMetaMaskに入金してください。

2022年3月時点では、国内の取引所ではイーサリアム(ETH)以外の基軸通貨を購入できないため、海外の取引所を利用する必要があります。

Bybitはそのような用途に適しています。Bybitでは、国内取引所に上場していない仮想通貨も取引できます。

MetaMask(メタマスク)にBNBチェーンを追加する方法

BNBチェーンをMetaMaskに追加する際は、指示に従って情報を入力します。

BNBチェーンでのガス料金はバイナンスコイン(BNB)で支払います。

バイナンスコイン(BNB)はBINANCEで入手できます。

MetaMask(メタマスク)にポリゴン(MATIC)チェーンを追加する方法

ポリゴン(MATIC)チェーンをMetaMaskに追加する場合は、指示に従って情報を入力します。

ポリゴン(MATIC)チェーンでのガス料金はポリゴン(MATIC)で支払います。

ポリゴン(MATIC)はBybitで入手できます。

MetaMask(メタマスク)にアバランチ(AVAX)チェーンを追加する方法

アバランチ(AVAX)チェーンをMetaMaskに追加する際は、指示に従って情報を入力します。

アバランチ(AVAX)チェーンでのガス料金はポリゴン(MATIC)で支払います。

アバランチ(AVAX)もBybitで入手できます。

MetaMask(メタマスク)にハーモニー(ONE)チェーンを追加する方法

ハーモニー(ONE)チェーンをMetaMaskに追加する場合は、指示に従って情報を入力します。

アバランチ(AVAX)チェーンでのガス料金はハーモニー(ONE)で支払います。

ハーモニー(ONE)もBybitで入手できます。

MetaMask(メタマスク)で仮想通貨をインポートする方法

デフォルトのMetaMaskでは、イーサリアム(ETH)以外の仮想通貨を入金しても表示されません。

そのため、他の仮想通貨を表示させるには、トークンを手動で追加する必要があります。

トップページ下部の「import tokens」をクリックします。

トークン追加画面が表示されたら、検索窓からトークン名を入力します。追加したい仮想通貨を選択して「次へ」をクリックします。

次の画面で「Import Tokens」をクリックしてトークンの追加が完了します。

トップページに戻って、追加されたトークンが正しく表示されているか確認します。

表示されない場合は、ブラウザをリロードしてみてください。

MetaMask(メタマスク)で検索しても出ないカスタムトークンの追加方法

MetaMaskでは、取引所に上場していないマイナーな仮想通貨など、一覧に表示されないトークンがあります。

そのような場合は、カスタムトークンとして手動で追加する必要があります。

まず、「カスタムトークン」をクリックしてトークン追加画面に移動します。

次に、ブロックチェーンエクスプローラにアクセスして該当のトークン情報を入手します。

ブロックチェーンエクスプローラから必要な情報を取得し、MetaMaskの「カスタムトークン」欄に入力します。

入力が完了したら、「次へ」を選択してトークンの追加を完了します。

MetaMask(メタマスク)のアカウントの復元方法

MetaMaskのアカウントを復元する方法を解説します。

まず、MetaMaskをインストールしてログイン画面に移動します。

「Import using account seed phrase」をクリックして、シークレットリカバリーフレーズと新しいパスワードを入力します。

再度入力したパスワードを確認し、「RESTORE」をクリックして復元が完了します。

MetaMask(メタマスク)で別のウォレット情報を転送する方法

MetaMaskでは、別のデバイスで使用しているウォレット情報を転送することができます。

これをインポートと呼びます。

画面右上の丸いアイコンをクリックして、「アカウントのインポート」を選択します。

「種類の選択」で「秘密鍵」を選択し、保管している秘密鍵を入力して「インポート」をクリックします。

これでウォレット情報の転送が完了します

MetaMaskのウォレットにアクセスすると、右上に並んだ三つのドットをクリックして、「アカウントの削除」を選択します。

これにより、インポートした他のウォレットを削除できます。

MetaMask(メタマスク)のセキュリティを評価

前述の通り、MetaMaskは分散型管理が徹底されているため、非常にセキュアであると言えます。

ウォレットへのログインに使用する「秘密鍵」に関しても、データは運営者が一切保有せず、ユーザー自身が管理・保管します。

言い換えれば、ユーザーの資産やログイン情報は、第三者のセキュリティ対策に依存していません。

このため、運営内部での不正行為や資産の漏洩が起こり得ないという意味で、非常に高いセキュリティ性があります。

ただし、裏を返せば、自身の管理方法に問題があって「秘密鍵」が漏洩した場合は、全て自己責任となります。

無闇に「秘密鍵」を公開したり、第三者にアクセスされる可能性のある場所に秘密鍵を保管することは避けるべきです。

MetaMask(メタマスク)の3つの利点

MetaMaskの利点は多岐に渡りますが、特に以下の3つが挙げられます:

利点1: 利便性の高さ

MetaMaskの大きな利点の1つは、その利便性にあります。

MetaMaskはGoogle ChromeやFirefoxの拡張機能として提供されているため、アプリのインストールやソフトウェアのダウンロードは不要です。

ブラウザが対応していれば、誰でも簡単に利用できます。

利点2: クロスプラットフォーム対応

MetaMaskはiOSとAndroidの両方でアプリが提供されています。

アプリ版とChrome拡張版は、「秘密鍵」をインポートすることで相互に連携できます。

アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでも仮想通貨の取引や残高の確認が可能です。

利点3: 複数のアカウントの簡単作成

MetaMaskでは、複数のアカウントを簡単に作成できます。

それぞれのアカウントに異なるウォレットアドレスが割り当てられるため、目的に応じてウォレットを管理することができます。

アカウントを追加する手順は、右上のアイコンをクリックして「アカウントの作成」を選択し、アカウント名を入力するだけです。

MetaMask(メタマスク)の欠点

MetaMaskは利点が多い一方で、以下のような欠点も存在します:

欠点1: 操作に慣れるまでのハードルが高い

MetaMaskはデザインがわかりやすいため、慣れれば使いやすいウォレットです。しかし、デバイス操作に慣れていない人にとっては、操作に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

欠点2: ホットウォレットのセキュリティリスク

MetaMaskの大きな欠点は、ホットウォレットであることです。

ホットウォレットは常にオンラインで管理されているため、ハッキングのリスクが高まります。利便性と引き換えにセキュリティリスクが高いと言えます。

欠点3: 対応デバイスが限られている

MetaMaskは現在、Chrome、Firefox、Operaの一部のブラウザでしか利用できません。

そのため、SafariやMicrosoft Edgeを使用しているユーザーは、MetaMaskを利用するために別のブラウザに移行する必要があります。

MetaMask(メタマスク)のその他の機能

MetaMaskには他にも多くの機能がありますが、ここではいくつかを紹介します:

新しいアカウントを作成する

MetaMaskのウォレットに新しいアカウントを追加するには、「アイコン」をクリックしてください。

アカウントの作成を選択し、アカウント名を入力してください。

アカウント名を変更する

「詳細」をタップして、「鉛筆アイコン」を選択すると、名前を変更することができます。

名前を変更することで、アカウントを区別しやすくなりますので、おすすめです。

MetaMask(メタマスク)を接続してできること

DEX(分散型取引所)で仮想通貨を取引する

上記の画像はPancakeswapというDEXのものです。

MetaMaskのアカウントを所有すると、DEXと呼ばれるアプリケーションで保有している仮想通貨を別の仮想通貨に交換できます。

DEXは、分散型金融の略称です。

中央管理者が存在せず、ブロックチェーン技術を利用して仮想通貨の取引が可能です。

DEXでは、企業が運営する取引所に上場していない仮想通貨も購入できます。

GemeFiで遊んで収益を得る

MetaMaskのアカウントを持つと、ブロックチェーン上で開発されたゲームをプレイして仮想通貨を獲得できます。

ブロックチェーンで作られたゲームで遊んで収益を得ることは、「GameFi」と呼ばれます。

NFTの購入

NFTの購入も、MetaMaskを接続して行います。

OpenseaなどのNFT二次流通サイトの利用にもMetaMaskが必要です。

Openseaについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

MetaMask(メタマスク)のよくある質問

Q1 Metamask(メタマスク)の秘密鍵とは何ですか

秘密鍵とは、MetaMaskの最も重要なパスワードの一つです。

ランダムな英数字の文字列で生成されています。

秘密鍵は、MetaMask内の資産をアクセスするためのパスワードです。

つまり、仮想通貨の送金やアカウントの復元に使用されます。

秘密鍵が漏れると、第三者がMetaMask内の資産にアクセスできる可能性があるため、非常に危険です。

そのため、秘密鍵は安全な場所に保管することが重要です。

Q2 ビットコイン(BTC)はMetaMaskに入金できますか

MetaMaskにはビットコイン(BTC)を入金することはできません。

これは、ビットコイン(BTC)がイーサリアム(ETH)のシステムと互換性がないためです。

したがって、誤ってMetaMaskにビットコイン(BTC)を送信した場合、そのビットコイン(BTC)は戻ってきません。

ただし、Bybitを使用すると、ビットコイン(BTC)に相当するラップトークンであるラップビットコイン(WBTC)をMetaMaskに入金できます。

Q3 MetaMask(メタマスク)をスマートフォンのGoogle Chromeで接続できますか

MetaMaskは現在、スマートフォンのGoogle Chromeからは利用できません。

スマートフォンでMetaMaskを使用するには、アプリをインストールしてください。

Q4 MetaMask(メタマスク)への入金が反映されません

ブロックチェーン上の入金は、20分から1時間程度の待ち時間がかかる場合があります。

入金がすぐに反映されなくても心配する必要はありません。

Q5 MetaMask(メタマスク)へのクレジットカード入金は可能ですか

MetaMaskへのクレジットカード入金はできません。

クレジットカードを使用して仮想通貨を入手する場合は、Bybitを利用してください。

Bybitでは、クレジットカードを使用して仮想通貨を購入できます。

Bybitでクレジットカードを使用する方法については、以下の記事を参考にしてください。

MetaMask(メタマスク)の使用方法まとめ

MetaMaskは世界中で利用されている分散型ウォレットです。

簡単な登録手続きで利用でき、セキュリティも高いですが、ログイン時に使用する「秘密鍵」やアカウントの復元に必要な「リカバリーフレーズ」はユーザー自身で管理する必要があります。

そのため、「秘密鍵」を紛失したり外部に漏らしたりしないように、安全な場所に保管してください。

MetaMaskを使用する際は、ブラウザの拡張機能として利用しますが、入金や出金はアプリからも行うことができます。

最後に、海外取引所のBybitは日本語対応が良く、多様な銘柄を取り扱っているため、ぜひ登録してみてください。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました