3分でわかる仮想通貨モナコイン【MONA/Monacoin】の特徴とは?将来性・チャート・取引所・価格・買い方を徹底解説!

仮想通貨の種類

仮想通貨モナコインの特徴から価格、将来性やリアルタイムチャートまでモナコインに関する情報を分かりやすく説明していきます。

仮想通貨のモナコインは2013年12月に誕生した日本初の暗号通貨です。暗号通貨は投機的な面が強い傾向がありますが、モナコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭など、2ちゃんねるを中心にユーザー同士のコミュニティーが盛んに発展している仮想通貨です。

では、もしこれからモナコインを購入するとなるとどのような特徴があって、現在価格はいくらなのか、どこで買えるのか気になるところですよね。

「モナコインはどんな仮想通貨なの?」

「モナコインは値上がりする?購入する前に将来性や今後について知りたい」

「モナコインはいくらで買える?現在価格やリアルタイムチャートを見たい」

「そもそもモナコインって何?」

という方向けにモナコインの特徴や価格、チャートなどを中心に紹介していきたいと思います。仮想通貨モナコインの購入で失敗したくないという方は是非参考にしてみてくださいね。

仮想通貨モナコイン(MONA)とは

仮想通貨モナコインは2013年12月に公開された仮想通貨で、通貨の略式記号は「MONA」になります。有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにしています。

モナコインの大きな特徴は3つ
  1. Segwitを実装することにより、ブロック作成や取引スピードがアップ
  2. 2ちゃんねるを中心にコミュニティー活動が盛んに行われている
  3. 実際のサービスや店舗でも導入店舗が拡大

仮想通貨モナコイン(MONA)の特徴や魅力

モナコインの特徴は何と言っても、日本初の仮想通貨であることです。

また、ブロックの作成時間や送金・取引のスピードが早いことでも有名です。ビットコインの場合、1ブロックの作成に10分以上かかりますが、モナコインは約90秒とその差が歴然です。

理由としては、Segwitを実装していることがあげられます。仮想通貨の取引では、安全性を確保するためにブロックチェーンと言い過去の取引記録がデータとして残ります。取引量が増えてきたり、流通が大きくなってくると、そのデータも膨大になってしまうことからデータ処理に時間がかかってしまいます。

Segwitは、取引記録を圧縮してブロックに記録できるため、処理スピードを早く保つことができます。

Segwitを実装することにより、ブロック作成や取引スピードがアップ

また、ブロックの作成時間や送金・取引のスピードが早いことでも有名です。ビットコインの場合、1ブロックの作成に10分以上かかりますが、モナコインは約90秒とその差が歴然です。

理由としては、Segwitを実装していることがあげられます。仮想通貨の取引では、安全性を確保するためにブロックチェーンと言い過去の取引記録がデータとして残ります。取引量が増えてきたり、流通が大きくなってくると、そのデータも膨大になってしまうことからデータ処理に時間がかかってしまいます。

Segwitは、取引記録を圧縮してブロックに記録できるため、処理スピードを早く保つことができます。

 

2ちゃんねるを中心にコミュニティー活動が盛んに行われている

モナコインは国内のコアなファンが多いのも特徴です。

もともと2ちゃんねるを中心にファンが多かったことから、コミケや秋葉原などのオタク文化と密接な関わりがあります。

2017年のコミケからモナコインでの支払いが一部導入されたことでも話題となりました。

使い方としては、各店舗(サークル)が事前に用意した「Monappy Payment」の商品ページのQRコードを読み込むことで決済ができます。

 

実際のサービスや店舗でも導入店舗が拡大

モナコインは実際のサービスや店舗でも決済手段として利用できる幅が広がってきています。

「Monappy」

Monacoin対応のオンラインウォレットサイトです。こちらのサイトに絵や文章を投稿して、気に入ってもらえると投げ銭をもらえるという仕組みが流行っています。また、Twitterのつぶやきやツイキャスでの配信でもモナコインを利用した投げ銭がもらえるようになり、その利用シーンが拡大しています。

自分のブログサイトにMonappyを実装して、投げ銭機能をつけるということもできるそうで、クリエイターにとっては新たな収益源として期待できるかもしれませんね。

この投げ銭文化もモナコインの特徴の一つと言えるのではないでしょうか。

 

「Ask Mona」

質問をしたり、回答したり、モナコインをもらったりすることができるサイトです。

誰かの投稿した質問に答えると、お礼としてモナコインをもらえるという仕組みになっています。

 

「Monazon」

国内のモナコインが使える店舗情報がまとまったポータルサイトです。飲食店などを中心に情報が掲載されています。

 

モナコイン(MONA)の現在価格と時価総額ランク

モナコインの現在価格と時価総額ランクは以下になります。

モナコイン(MONA)のリアルタイムチャートや値動きや相場、価格推移など

現在のモナコインのチャートは以下になります。

モナコイン(MONA)が高騰(急騰)するための情報や値上がり予想

値上がり注目ポイントはここ!

クリエイターへの投げ銭文化がもっと広がれば、モナコインの利用用途もどんどん拡大していく!

モナコインが今後値上がりするために期待したいのは、根強いファンを中心としたコミュニティー活動がもっと拡大していくことや、クリエイターへの投げ銭文化が徐々に広まっていけば、モナコインの流通が広がり大きく値上がりする可能性は十分にあるでしょう。

2017年10月にbitFlyerに上場した際は、価格が一気に8倍以上の値上がりをした経緯があるので、他の取引所での取り扱いが増えていけば、値上がりする見込みも十分ありそうです。

モナコイン(MONA)の公式情報

モナコインのニュースや情報を知りたい時は公式サイトをチェックしておくと便利です。

【公式】Monacoin project公式サイト

モナコイン(MONA)の買い方や手順

では、モナコインを購入するにはどの方法が1番良いのでしょうか。

それは「取引所で購入すること」です。

国内取引所では「bitbank(ビットバンク)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」の3つの取引所で購入することができます。

今回は、その中でも1番おすすめの国内の取引所「ビットフライヤー」を利用して説明していきます。

ビットフライヤーのおすすめ理由

◆国内最大手の取引所だから安心
◆メールアドレスだけで簡単に無料登録できる

◆口座開設から取引開始までが速い
◆世界トップクラスのセキュリティ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒ビットフライヤーに無料登録する

次にその買い方や手順、モナコインの取扱いのある取引所を紹介します。

買い方(購入方法)や手順

モナコインの買い方には主に4つの手順がありますが、いずれもその日のうちに購入することができます。

通貨購入までの4つの手順

①ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーなら口座開設から取引開始まで即日完了できます。

⇒ビットフライヤーの特徴や登録方法、入出金手数料はこちらから

②日本円を口座に入金する

ネット銀行やFXなどと同じようなイメージで、開設した口座に日本円の入金手続きをします。

③モナコインを購入する

入金をサイト上で確認できたら、モナコイン(MONA)を指定して購入します。

モナコイン(MONA)が購入できる主要取引所

仮想通貨モナコインが買える主な海外取引所が以下になります。

主な取扱取引所と国名

主な海外取引所名国名
bitFlyer(ビットフライヤー)日本
bitbank(ビットバンク)日本
Zaif(ザイフ)日本

主な取扱取引所の比較

取引所名知名度使いやすさ取扱通貨
bitFlyer(ビットフライヤー)
bitbank(ビットバンク)
Zaif(ザイフ)

海外取引所を選ぶなら「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。bitFlyer(ビットフライヤー)からモナコインを購入するためにも、口座を開設しておきましょう。

以下、国内の主な取引所一覧です。

主な国内の取引所名
BitFlyer(ビットフライヤー)
※おすすめ取引所No.1
Zaif(ザイフ)
bitbank(ビットバンク)

ビットフライヤーであればメールアドレスだけで簡単に登録できてすぐに始められるのでおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒各取引所ランキングを見てみる

モナコイン(MONA)の保管や運用におすすめなウォレット

モナコインを購入したけど、最適なウォレットが見つからない…そんな方向けにピッタリのウォレットを紹介していきたいと思います。

取引所にそのまま保管するのも良いですが、やはりハッキングや流出など安全性が問題視されており、購入後はウォレット管理するのがおすすめです。

⇒仮想通貨のウォレットとは

専用ウォレットについて

モナコインには専門のウォレット「Monacoin core」があります。

おすすめの対応ウォレット

ウォレットを選ぶ時には購入した仮想通貨をどのような形で保管運用していきたいかによって大きく異なります。

⇒仮想通貨ウォレットの種類や仕組みについて

もちろん専用のデスクトップウォレットを利用することも良いですが、1番安全でおすすめなのは、ネットで保管しないタイプのハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」です。ネットに接続なしで管理できるので便利です。

⇒公式サイトを見てみる

いずれもモナコインを購入予定なのであればオンライン上での管理を控えるなどして、しっかりとしたリスクヘッジをしておきましょう。