3分でわかる仮想通貨ヴィチェーン【VEN/VeChain】の特徴とは?将来性・チャート・取引所・価格・買い方を徹底解説!

仮想通貨の種類

仮想通貨ヴィチェーンの特徴から価格、将来性やリアルタイムチャートまでヴィチェーンに関する情報を分かりやすく説明していきます。

仮想通貨のヴィチェーンは2017年8月に一般公開した仮想通貨です。最大の特徴は仮想通貨のブロックチェーンの技術を生かして、商品追跡を行うということです。中国では、ブランド品のコピー品が大量に出回るなどの問題が起きています。そこで、ブランド品の偽物との区別をつけるために、製造記録や取引記録をブランド品等にも活用しようというものです。

では、もしこれからヴィチェーンを購入するとなるとどのような特徴があって、現在価格はいくらなのか、どこで買えるのか気になるところですよね。

「ヴィチェーンはどんな仮想通貨なの?」

「ヴィチェーンは値上がりする?購入する前に将来性や今後について知りたい」

「ヴィチェーンはいくらで買える?現在価格やリアルタイムチャートを見たい」

「そもそもヴィチェーンって何?」

という方向けにヴィチェーンの特徴や価格、チャートなどを中心に紹介していきたいと思います。仮想通貨ヴィチェーンの購入で失敗したくないという方は是非参考にしてみてくださいね。

仮想通貨ヴィチェーン(VEN)とは

仮想通貨ヴィチェーンは2017年8月に一般公開した仮想通貨で、通貨の略式記号は「VEN」になります。

ヴィチェーンの大きな特徴は3つ
  1. 商品取引や物流に仮想通貨の技術を導入
  2. 2018年2月にリブランドを行い、さらなる飛躍へ
  3. ヴィチェーンが目指す未来とは

仮想通貨ヴィチェーン(VEN)の特徴や魅力

ヴィチェーンの特徴は何と言っても、仮想通貨の技術をブランド品や商品流通に生かそうとしている仮想通貨であることです。

将来的に、商品情報を埋め込んだチップやタグ、QRコードなどの管理をブロックチェーンの技術を用いて行い、モノをインターネットを通じて管理してくというIoTとの融合を目指しています。

それでは、ヴィチェーンがどのような特徴を持った仮想通貨なのか詳しく見ていきましょう。

商品取引や物流に革新を起こす仮想通貨

ヴィチェーンは世界中の商品取引や物流をもっと効率的で安心・安全なものへと変えていくという理念があります。

そのためには、現在商品取引や物流が抱える問題点を解決していく必要があります。

それでは、ヴィチェーンを活用することで、人々の生活にどのようなメリットが生まれてくるのでしょうか。

例えば、仮想通貨の技術を使うとこのような革新が起こせるのです。

・ブランド品に商品タグを埋め込むことで、偽物との区別をわかりやすくする。

・農業ではビニールハウスとインターネットをつなげて、農作物が一番美味しく育つ温度や湿度などの情報を収集する。遠隔でビニールハウスをコントロールして、最適な環境を作る。天候や自然災害などの被害を最小限に抑える

・食品が消費者に届くまでの情報(生産地や生産者・生産日時)を管理できる。いつどこで作られて、どのように消費者の手元に届いたのか確認ができるので、安心や安全につながる。

・物流業界において、商品の取引情報や在庫管理、生産状況などの管理は膨大になります。ICチップやタグを読み込むだけで、それらの取引情報がやりとりされれば、業務の効率化を進めることができます。

2018年2月にリブランドを行い、さらなる発展を目指す

ヴィチェーンが注目されたきっかけとして、商品取引や物流に特化しているという点がありますが、現在は2種類のトークンが販売されています。

  • VeChain Thor:ヴィチェーンは主に企業間での取引に利用されることを想定しています。その際に利用されるトークンです。
  • Thor Powor:ヴィチェーンは2018年2月にリブランドが実施されVeChain Thor(VET)という名称に変更しました。VETを保有するともらえる、個人用のトークンです。

現在はイーサリアムのブロックチェーンを利用していますが、2018年6月末ごろに独自のプラットフォームへ移行すると言われています。

ヴィチェーンが目指す未来とは

ヴィチェーンは、仮想通貨としてだけではなく人々の生活に寄り添った技術革新を起こそうとしています。

ブロックチェーンの技術を使えば、ブランド品や農業、商品管理などさまざまな分野での活用が期待されています。今まで人の手でやっていたことが自動化され、より正確により早く行うことができれば、コスト削減や業務効率化のメリットが企業にも生まれてきます。

また、消費者側の視点としても、偽物を買わされて騙されるということも減っていきますし、自分が食べたものが本当に安全なのか確認をすることができるようになります。

このように、仮想通貨の技術をつかって商品管理をしていくことで、多くの課題を解決できるのです。

ヴィチェーン(VEN)の現在価格と時価総額ランク

ヴィチェーンの現在価格と時価総額ランクは以下になります。

ヴィチェーン(VEN)のリアルタイムチャートや値動きや相場、価格推移など

ヴィチェーンのチャートは以下になります。

現在の価格チャートはCoingekkoなどのサイトでご確認ください。

ヴィチェーン(VEN)が高騰(急騰)するための情報や値上がり予想

値上がり注目ポイントはここ!

まだまだ歴史が浅い仮想通貨であるが、物流やブランド・アパレル業界への参入が進めば値上がりする可能性あり。

ヴィチェーンが今後値上がりするために期待したいのは、物流やブランド・アパレルとの提携にあります。商品管理がICチップやタグを使った管理へと移行していき、タグ製造や埋め込みのコストが下がってくれば、ヴィチェーンの情報管理へのニーズが高まってくる可能性が十分にあります。

ヴィチェーン(VEN)の公式情報

ヴィチェーンのニュースや情報を知りたい時は公式サイトをチェックしておくと便利です。

【公式】VeChain公式サイト
公式Twitter

ヴィチェーン(VEN)の買い方や手順

では、ヴィチェーンを購入するにはどの方法が1番良いのでしょうか。

それは「取引所で購入すること」です。

国内取引所では「bitbank(ビットバンク)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」の3つの取引所で購入することができます。

今回は、その中でも1番おすすめの国内の取引所「ビットフライヤー」を利用して説明していきます。

ビットフライヤーのおすすめ理由

◆国内最大手の取引所だから安心
◆メールアドレスだけで簡単に無料登録できる

◆口座開設から取引開始までが速い
◆世界トップクラスのセキュリティ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒ビットフライヤーに無料登録する

次にその買い方や手順、ヴィチェーンの取扱いのある取引所を紹介します。

買い方(購入方法)や手順

の買い方には主に4つの手順がありますが、いずれもその日のうちに購入することができます。

通貨購入までの4つの手順

①ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーなら口座開設から取引開始まで即日完了できます。

⇒ビットフライヤーの特徴や登録方法、入出金手数料はこちらから

②BTCあるいはETHを購入する

海外の取引所では、日本円でヴィチェーンを購入する事ができません。そのためBTCあるいはETHを事前に購入しておく必要があります。

③海外の取引所へ送金する

購入完了後、海外の取引所へ送金手続きを行ないます。
※送金の反映には時間がかかる場合がありますが、BTCで2〜3時間以内、ETHで30分〜1時間以内で着金を確認できると思います。

④海外の取引所で購入する

着金を確認後、ヴィチェーン(VEN)を指定して購入します。

ヴィチェーン(VEN)が購入できる主要取引所

仮想通貨ヴィチェーンが買える主な海外取引所が以下になります。

主な取扱取引所と国名

 

主な海外取引所名国名
Binance中国
Huobi中国
HitBTCイギリス

主な取扱取引所の比較

取引所名知名度使いやすさ取扱通貨
Binance
Huobi
HitBTC

このように比較してみると分かりやすいですが、海外取引所を選ぶなら「Binance」がおすすめです。Binanceからヴィチェーンを購入するためにも、まずは国内の取引所を開設して口座を用意しておきましょう。

国内取引所を選ぶなら「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。bitFlyer(ビットフライヤー)からヴィチェーンを購入するためにも、口座を開設しておきましょう。

以下、国内の主な取引所一覧です。

主な国内の取引所名
BitFlyer(ビットフライヤー)
※おすすめ取引所No.1
Zaif(ザイフ)
bitbank(ビットバンク)

ビットフライヤーであればメールアドレスだけで簡単に登録できてすぐに始められるのでおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⇒各取引所ランキングを見てみる

ヴィチェーン(VEN)の保管や運用におすすめなウォレット

ヴィチェーンを購入したけど、最適なウォレットが見つからない…そんな方向けにピッタリのウォレットを紹介していきたいと思います。

取引所にそのまま保管するのも良いですが、やはりハッキングや流出など安全性が問題視されており、購入後はウォレット管理するのがおすすめです。

⇒仮想通貨のウォレットとは

専用ウォレットについて

ヴィチェーンには専門のウォレットがありません。そのため、ヴィチェーンを保有するためには自分でウォレットォ探す必要があります。

おすすめの対応ウォレット

ウォレットを選ぶ時には購入した仮想通貨をどのような形で保管運用していきたいかによって大きく異なります。

⇒仮想通貨ウォレットの種類や仕組みについて

もちろん専用のデスクトップウォレットを利用することも良いですが、1番安全でおすすめなのは、ネットで保管しないタイプのハードウェアウォレット「Ledger Nano S (レジャー ナノS)」です。ネットに接続なしで管理できるので便利です。

⇒公式サイトを見てみる

いずれもヴィチェーンを購入予定なのであればオンライン上での管理を控えるなどして、しっかりとしたリスクヘッジをしておきましょう。

CryptoxCryptoの特集ページ