プルーフオブワーク

プルーフオブワークとは | 仮想通貨の用語・意味・使い方・呼び方

仮想通貨のプルーフオブワークとは、仮想通貨の中のシステム部分における1つの用語で、システムに対して要求を意味します。これまでP2Pネットワークの課題としてどのような内容を発言権として認めるか、その回答が決められていませんでした。その中でIPアドレスやそのプロセス、その他の情報を基に、発言権として回答するようにしていましたが、仮想通貨ではCPUの計算量に応じて発言権を与えるようにしました。