3分でわかるZaif(ザイフ)の登録から口座開設まで | 特徴・入出金・取扱通貨を徹底開設!

仮想通貨の取引所

・Zaif(ザイフ)の特徴

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に運営を開始した仮想通貨取引所です。

取扱通貨の種類が多い

もともと開始の前年にBitcoinウォレットサービスとしてサービスを開始していましたが、同年に仮想通貨取引所としてスタートしていたEtwingsを買収して誕生したのがZaifです。Zaifは仮想通貨対仮想通貨のトレードを日本で初めて開始した取引所でもあり、仮想通貨の種類が豊富な点も特徴のひとつでしょう。

仮想通貨の自動積立サービスがある

また、Zaifには他の取引所にはない仮想通貨の自動積立サービスがあります。これは、銀行口座から毎月固定額を自動引き落とすかたちで、希望の金額を積み立てすることができるサービスで、買い付けが自動的なので、買い付けの手間を省けるので、運用管理の手間がかかりません。

この自動積立は毎月1000円から可能なので、運用で毎日見られない方や、投資が初めての方、仮想通貨が分からない初心者の方にとっては最適なサービスかもしれません。

トークン販売を行なっている

⇒トークンについて詳しくはこちら

Zaifは、国内にある取引所で唯一トークンの取扱、販売を行なっています。このトークンの取扱がある事によって大幅な値動きや値幅による差益を期待することができます。

これらZaifはサービスの運用期間やサービス内容を見ても、多くの種類のサービス、仮想通貨を取扱っており、仮想通貨が初めての人でも楽しめる内容になっています。

ザイフの大きな特徴5つ
  1. 取扱通貨の数が多い
  2. 自動積立サービスがある
  3. トークン購入が可能
  4. ビットコイン購入時に上乗せしてくれる(マイナス手数料)
  5. 専用の取引アプリがある

⇒とりあえず見てみる

Zaif(ザイフ)の取扱通貨コイン(銘柄)一覧

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「取扱通貨が多い」です。

ザイフで買える(購入できる)通貨の種類は以下の通りです。

通貨名称(記号)
取扱通貨一覧・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(NEM)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
その他の通貨を調べる

上記の一覧に関して、新規の通貨上場やハードフォーク通貨などがある場合もありますので、最新の取扱通貨に関しては公式サイトでご確認ください。

Zaif(ザイフ)の取扱トークン一覧

ザイフで買える(購入できる)通貨の種類は以下の通りです。

トークン名称(記号)
取扱トークン一覧Zaifトークン
CounterPartyトークン(XCP)
フィスココイン(FSCC)
CAICAトークン(CICC)
ネクスコイン(NCXC)
その他のトークンを調べる

上記の一覧に関して、新規のトークンがある場合もありますので、最新の取扱トークンに関しては公式サイトでご確認ください。

Zaif(ザイフ)の各種手数料

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「やや安い」です。

ただし、これは取引所と販売所がそれぞれ存在するためなので取引所で買えば実質安く購入することができます。では、ザイフの手数料を1つずつみていきましょう。

口座開設/維持費用

口座開設無料
維持費用無料

売買取引手数料

BTC売買手数料− 0.01% ※1
※現物取引のみ
アルトコイン売買手数料成行注文(taker) 0.01%
指定注文(maker) 無料

※前日BTC残高が3BTCを超える場合、残高の0.01%を受け取る事が可能な仕組みがあります。つまり、最大年率3.6%の利殖ログインボーナスを受け取れます。

入金手数料

入金手数料無料

※入金には各金融機関の所定の振込手数料がかかります。

出金手数料

出金手数料50万円未満50万円以上
全ての銀行350円(税込)756円(税込)

積立サービス手数料

積立金額手数料
1000〜2000円一律100円
3000〜9000円3.5%
10000〜29000円2.5%
30000〜49000円2%
50000円〜1.5%

引き落とし時に上記手数料を加算して口座から引き落としされます。

口座開設から実際の取引開始までの流れや手順

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「非常に簡単」です。

Zaif(ザイフ)を利用するためには登録が必要になります。

ただし、無料登録から口座開設、取引開始までが非常にスムーズなので最短で即日に完了します。

では、実際に口座開設から取引開始できるまでにどのような手順が必要になるのか、細かくみていきましょう。

▼手元に準備しておくとよいもの

・メールアドレス

・本人確認書類

有効な本人確認種類
Zaif(ザイフ)の本人確認の書類提出には2種類あります。

▼以下のいずれかの書類1点
・在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
・運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
・マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
・日本国パスポート
・ビザ(住所が記載されている面も必要)

▼顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点
・官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など)+ 公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金の請求書、納税証明書(領収書))
・官公庁発行の公的証明書を2点 ※公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの ※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効 ただし、 アップロードいただいた書類に不足がない場合でも、弊社の判断により、セルフィ(顔付きの本人証明書類とご本人様の自撮り写真)などの別の画像による再申請をお願いする場合がございます
・特別永住者証明書※裏面も必ず提出

⇒公式サイトで詳細を確認する

Zaif(ザイフ)の口座開設までの登録手順

他社との比較ポイント

他の国内取引所と比べると「簡単」です。

ザイフの口座開設までの登録手順を画像付で紹介します。

ザイフの公式サイトをクリックして下記順に進めていきます。

画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤
画像⑥
画像⑦
画像⑧
画像⑨
画像⑩

 

 

 

 

 

 

 

Zaif(ザイフ)の入金/出金方法や反映時間など

ザイフの入金や出金はパソコンやアプリからでもいつでも申請することができます。

入金方法

主な入金方法は4種類です。

入金方法・銀行振込
・クイック入金
Pay-easy(ペイジー)入金
・クレジットカード決済

銀行振込の場合は、住信SBIネット銀行がザイフのメインの振込先口座です。そのため、同行間の入金は振込手数料が無料になるのでお得です。

ただし、銀行振込の場合は金融機関によっては反映時間や注意点などもあるので事前に確認しておきましょう。

入金反映時間

主な入金反映時間は以下の通りです。

日本円の入金反映時間
各銀行へ入金の場合、営業時間内に順次作業が行なわれます。
住信SBIネット銀行へ入金の場合、土日も含めてリアルタイムに入金が行なわれます。

ここに注意!
入金は氏名やIDで確認する自動処理システムが行なわれるため、必ずIDを入れて入金するようにしましょう。IDなしで入金の場合は、通常1営業日がかかるので注意が必要です。

クイック入金について

Ziafではクイック入金による即日入金が可能です。

Pay-easy(ペイジー)入金

Zaifではペイジー入金による即日入金が可能です。

クレジットカードによる入金決済について

Zaifでは、現在クレジットカードによる仮想通貨の購入を一時的に停止しています。⇒最新の対応状況を確認する

出金方法と出金反映時間

出金申請はパソコンやスマホからいつでも行なうことができます。

ただし、出金先口座を登録してないと出金申請ができないため事前に振込先口座を登録しておきましょう。

出金方法・銀行振込
日本円の出金反映時間
当日11:00までの申請であれば原則2営業日以内に順次入金作業が行なわれます。
当日11:00以降の申請の場合は翌々営業日の15:00までに順次入金作業が行なわれます。
出金時のポイント

指定時間までに出金申請をしても状況によって入金が遅れる場合もあるので、出金には時間に余裕を持っておいた方が良いでしょう。

 

・Zaif(ザイフ)の仮想通貨の買い方/購入方法

ザイフでの仮想通貨の買い方(購入方法)は非常に簡単でパソコンやアプリからでもいつでもできます。

簡単にまとめると、

①指定口座に入金する

②入金の反映を待つ

③希望銘柄を購入する

この3ステップだけで簡単に行なえますが、具体的に画像を含めてみていきましょう。

Zaif(ザイフ)の取引アプリについて

ザイフには専用の取引アプリがあり、IOS、Androidの両OSに対応しています。

アプリを利用することで、仮想通貨の購入や売却などの取引が簡単に行なえます。

⇒とりあえず見てみる

Zaif(ザイフ)のセキュリティについて

Zaifには、仮想通貨、顧客資産を保護するために、大きく分けて主に以下のようなセキュリティ対策が実装されています。

主なセキュリティ対策
  • 2段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチシグネチャウォレット

この中でも特に注目したいのはコールドウォレットで管理されている点です。これは世界トップクラスと評価されたビットフライヤーと同様に仮想通貨をマルチシグ対応のコールドウォレットに対応している点は、ハッキングや通貨流出リスクなどの点で十分に対策されていると言えます。

また、上記以外にも気にしておく必要があるのがSSL暗号化通信です。

サイトにアクセスした時に以下の表示がされているか、サイトのアドレスは合っているか、自分自身がトラブルの元にならないよう注意しましょう。

↑正しいURLの先頭に上記の表示があればOK

ザイフの評価/口コミ/利用者の体験談など

30代男性
どこか漂う老舗感

仮想通貨がブームになるくらいからずっと使い続けているので、私の中ではどこか老舗感があります。これまで大きなトラブルもないですし、個人的には安心できる愛用の取引所です。

20代女性
トークンの購入がきっかけ

欲しいトークンがあって、国内で唯一取扱いのあるザイフで購入しました。他にも有名な取引所が出てきてますが、私は管理画面のこんな感じが好きなので、使い続けていきたいですね。

口座開設の決め手ベスト3!

【1位】長期間の運営で安心
【2位】トークン売買ができる
【3位】専用アプリが使いやすい

※口コミの選定方法について
上記口コミはクラウドソーシング等によってランダムに収集し、その中から当サイトが独自に選定しています。

Zaif(ザイフ)の運営会社情報

会社名テックビューロ株式会社
財務登録番号仮想通貨交換業者登録(登録番号 近畿財務局長 第00002号)
設立日2016年6月16日
資本金27億5513万円
代表取締役朝山貴生
本社所在地大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
電話番号06-6533-2230
問い合わせ先https://Zaif.jp/contact